ネット広告の種類

ネットショップ開業
ネットショップ開業ネットショップ開業の基礎知識ネットショップ販促のテクニックネットショップへの集客ネット広告を使った集客>ネット広告の種類

ネット広告の種類 / ネットショップの集客

ネット広告は大きくリスティング広告、アフィリエイト広告、ディレクトリ登録、その他広告があります。ここでは、ネット広告の種類とそれぞれのネット広告の特徴や料金などについて分かりやすく説明していきます。

 

リスティング広告

キーワード広告とも呼ばれます。検索エンジン(GoogleやYahooなど)でキーワード検索をしたときに、その検索ワードと類似、関連するサイトを広告するサービスです。ネット広告の中でも主力といえる広告に成長しています。予算を決めた上で小額からスタートさせることもできるので、多くのネットショップオーナーにも活用される広告です。

 

アフィリエイト広告

アフィリエイトとは提携という意味があり、個人サイトなどと提携して個人サイトに自社のネットショップの広告を張ってもらい、実際にそのサイト経由のユーザーが商品を購入した場合に報酬を支払うというものです。成果報酬型広告とも呼ばれます。

 

ディレクトリ登録

ディレクトリ登録とは厳密には広告とは言えませんが、大手ポータルサイトに登録してもらうことをさします。多くの場合は審査料や登録料といった形で費用が必要になります。掲載によりアクセス数が増えるという広告効果よりもディレクトリ登録によりリンクが張られてSEO効果が得られるという方が重視されます。

 

その他広告

そのほかのネット広告としては、単純な月極め広告やクリック広告、PV広告の広告など様々ですが、近年では利用される機会は減少傾向にあります。特に月極め広告やクリック広告、PV広告などはどちらかというと小規模〜中規模のサイトには合いません。

 

 

 

ネットショップ開業ガイド ネットショップ開業の基礎 ネットショップ比較 ネットショップ開業カタログ
リンク集 プライバシーポリシー

copyrights ©2006-2015 ネットショップ開業.com All rights reserved.
各コンテンツの著作権は放棄しません。無断転載は一切禁止します。