機種依存文字・フォントの利用

ネットショップ開業
ネットショップ開業ネットショップ開業の基礎知識チェックポイントユーザビリティ・アクセシビリティ>機種依存文字・フォントの利用

ネットショップでの機種依存文字・フォントの利用 / ネットショップのユーザビリティ・アクセシビリティ

機種依存文字とは、特定のパソコンや携帯電話でしか利用することができない文字を指します。この機種依存文字を利用する場合、対応していないハードで閲覧した場合、意味不明な記号に置き換わってしまう事があります。また、フォントについてもパソコンにインストールされていない場合は表示されません。

 

ネットショップと機種依存文字・フォント

代表的な機種依存文字としては丸囲みの数字・文字、ローマ数字、年号、単位文字などが挙げられます。これらの機種依存文字はできるだけ利用しないようにして、どうしても利用する場合は「IE(インターネットエクスプローラ)」「Firefox」といった複数のブラウザやウィンドウズとMacといった複数のOSでちゃんと表示されるかどうかを確認するようにしましょう。

また、フォントについてはパソコンにそのフォントがインストールされているかどうかで表示されるかどうかが決まります。どうしても凝ったフォントを利用したい場合はgifやJPEGといった画像ファイルとして利用するようにしましょう。

 

 

 

ネットショップ開業ガイド ネットショップ開業の基礎 ネットショップ比較 ネットショップ開業カタログ
リンク集 プライバシーポリシー

copyrights ©2006-2015 ネットショップ開業.com All rights reserved.
各コンテンツの著作権は放棄しません。無断転載は一切禁止します。