特定商取引法に関する表記

ネットショップ開業
ネットショップ開業ネットショップ開業の基礎知識ネットショップ開業のチェックポイント店舗情報>特定商取引法に関する表記

特定商取引法に関する表記について / ネットショップの店舗情報

特定商取引法に関する表記とは、法律により情報開示が義務付けられている項目の事で、ネットショップにおいてこの特定商取引法に関する表記がない場合は罰則の対象となる場合がありますので、しっかりと正しく表記しましょう。

 

特定商取引法における記載項目

  1. 事業社名(法人名または屋号・個人名)
  2. 代表者の氏名(またはネットショップの責任者の氏名)
  3. お店の住所・電話番号といった連絡先
  4. 送料・決済手数料などの商品代金以外で必要となる費用
  5. 代金の支払期日と支払方法
  6. 商品の引渡し方法および引渡し時期
  7. 商品の返品について(可否およびその条件)

ネットショップ上では、上記の項目について「特定商取引法に関する表記」などと銘打ったページを作成し、上記項目をわかりやすく表示しましょう。

また、どのページからでも特定商取引法に関する表記を見ることができるように、ページのフッターなどに表示するようにしておきましょう。

 

関連情報:特定商取引法

特定商取引法に関する本

 

 

 

ネットショップ開業ガイド ネットショップ開業の基礎 ネットショップ比較 ネットショップ開業カタログ
リンク集 プライバシーポリシー

copyrights ©2006-2015 ネットショップ開業.com All rights reserved.
各コンテンツの著作権は放棄しません。無断転載は一切禁止します。