ネットショップのレイアウト

ネットショップ開業
ネットショップ開業ネットショップ開業の基礎知識ネットショップ開業のチェックポイント構造>ネットショップのレイアウト

レイアウトの統一について / ネットショップ構造・ナビゲーション

ネットショップにおける情報の配置箇所(レイアウト)をショップ内で統一することにより、ユーザーが情報を整理しやすくなり、成約に結びつきやすくなります。また、どのページを見ているときも共通のメニューや商品カテゴリが表示される事により、店のつくりを直感的に認識しやすくなり、動線がスムーズになります。

 

ネットショップのレイアウトをどのようにするか?

非常に一般的なレイアウトとしては、ページの上部にロゴ画像(ネットショップトップページへのリンク付き)と、グローバルナビゲーションが配置してあり、中央に商品情報、ページ下部(フッター)にショップの連絡情報が配置されるパターンです。
また、ページ数が一定以上の場合は、中央部分の左側か右側(あるいは両方)にメニュー項目をまとめて配置します。

よく見られるパターンではありますが、ネットショップでお買い物をする人たちもこの構造に慣れているというのもありますので、こういったレイアウトのパターンは大事にしていきたいところです。

このほか、細かい点としては、商品ページにおける商品名、コピー(紹介文)、商品情報、買い物かごの配置なども統一していきましょう。特に、買い物かごについては、目に付くようにしておくことで、成約率(転換率)がアップします。

 

 

 

ネットショップ開業ガイド ネットショップ開業の基礎 ネットショップ比較 ネットショップ開業カタログ
リンク集 プライバシーポリシー

copyrights ©2006-2015 ネットショップ開業.com All rights reserved.
各コンテンツの著作権は放棄しません。無断転載は一切禁止します。