DSP型ドロップシッピング

ネットショップ開業
ネットショップ開業ネットショップの種類比較ドロップシッピングドロップシッピングの種類>DSP型ドロップシッピング

DSP型ドロップシッピング / ドロップシッピングの種類

DSPとはドロップシッピング・サービス・プロバイダーとよばれるもので、ネットショップで販売可能な商品を取り扱っている代理店(プロバイダー)と契約して、そこが取り扱っている商品を自分のネットショップに掲載して販売することができるという形態です。数多くの商品を仕入れることができるというメリットがありますが、独占的契約ではないので、第三者もあなあたと同じ条件で販売ができるというデメリットもあります。

 

DSP型ドロップシッピングのしくみと特徴

DSP型ドロップシッピングでは、「ネットショップオーナー(あなた)」「DSP(ドロップシッピング・サービス・プロバイダー)」「商品の卸会社」という三社が介在するサービスです。

まず、あなたはDSPと契約をして「販売店」となります(通常無料)。販売店となったあなたは、DSPのホームページなどを通じてDSPと契約している卸会社の商品の情報や在庫状況などを確認することができます。
これといった商品が見つかった場合は、提携ボタンをクリックするなどして提携します(流れはDSPにより異なります)。

提携後はあなたのホームページ(ネットショップ)に、さきほど掲載した商品を掲載します。そのご、お客様からその商品の注文があり入金が確認できた場合、あなたはDSPに対して注文を出すと、卸会社が注文したお客様に対して商品を発送してくれます。その後、あなたはDSPに対して料金を支払います。

以上が、大まかな流れとなります。ドロップシッピングのメリットである「無在庫」で商売が可能となっています。

 

DSPを利用したドロップシッピングのメリット・デメリット

メリット
・商品点数が多い
・卸会社と交渉する必要が無い
・在庫を持つ必要が無い

デメリット
・不特定多数のネットショップオーナーがあなたと同じ商品を取り扱える(競合多数)
・販売価格などには一律の制限が設けられることがある
・DSPが間に入るため、中間マージンが生じて利幅が薄くなる

 

 

 

 

ネットショップ開業ガイド ネットショップ開業の基礎 ネットショップ比較 ネットショップ開業カタログ
リンク集 プライバシーポリシー

copyrights ©2006-2015 ネットショップ開業.com All rights reserved.
各コンテンツの著作権は放棄しません。無断転載は一切禁止します。